ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

めざめるパワー

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
めざめるパワー
第二世代
タイプ ノーマル
分類 特殊
威力 不定(第五世代まで)
→60(第六世代以降)
命中率 100
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
使うポケモンの個体値によってタイプが変わる。(第五世代までは威力も変わる。)
めざめるパワー計算法参照
判定
わざマシン わざマシン10(第二世代以降)
パレス たたかう
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
連続して使用してもペナルティを受けない。
アピール(DP)
アピール効果(DP)
自分の評価が1番低いと、ハートが3つ追加される。
アピール(ORAS) ♡♡♡
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
2回以上連続して使ってもペナルティを受けない。

めざめるパワーは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:ポケモンによって てきに あたえる ダメージの りょうが へんかする
  • ルビー・サファイアエメラルド:ポケモンによって てきに あたえる ダメージの りょうが へんかする
  • ファイアレッド・リーフグリーン:わざを つかった ポケモンに よって あいてに あたえる ダメージと わざの タイプが へんかする。
  • 第四世代:おぼえる ポケモンの かくされた のうりょくで わざの タイプと いりょくが かわる。
  • 第五世代:わざを つかった ポケモンに よって あいてに あたえる わざの タイプと いりょくが かわる。
  • 第五世代(漢字):技を 使った ポケモンに よって 相手に 与える 技の タイプと 威力が 変わる。
  • 第六世代第七世代:わざを つかった ポケモンに よって わざの タイプが かわる。
  • 第六世代第七世代(漢字):技を 使った ポケモンに よって 技の タイプが 変わる。

コンテストわざ

  • 第三世代:つづけて だしても しんさいんに あきられずに アピール できる
  • 第四世代:じぶんの ポケモンの ひょうかが いちばん ひくいと +3される。
  • 第六世代:つづけて だしても かんきゃくに あきられずに アピール できる
  • 第六世代(漢字):続けて だしても 観客に 飽きられずに アピール できる

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
ヤドキング × × 1 1 1 1
アンノーン 1 1 1 1 1 1
アサナン - 18RSE
17FRLG
15 15 15XY
20ORAS
20
チャーレム - 18RSE
17FRLG
15 15 15XY
20ORAS
20
ミノムッチ - - 20 20 20 20
ミノマダム
(全フォルム)
- - 20 20 20 20
ガーメイル - - 20 20 20 20
カラナクシ - - 16 16 16 16
トリトドン - - 16 16 16 16
ユニラン - - - 14 14 14
ダブラン - - - 14 14 14
ランクルス - - - 14 14 14
リグレー - - - 22 22 22
オーベム - - - 22 22 22

わざマシン

こんなときに使おう

どのポケモンでもノーマルフェアリー以外の任意のタイプである威力60程度の特殊技として使用でき、サブウェポンとしてはかなり汎用性が高い。ただ、後述の通り厳選難易度がかなり高く時間も手間もかかる。消去法的に採用するものであって他の技で代用できるならそれを使うに越したことはない。

メインウェポンの威力が90~100くらいとして、タイプ一致かつ等倍とすれば実質の威力は140程度となる。いっぽう、タイプ一致ではないのが基本となるめざめるパワーでは2倍弱点だと威力が120程度にしかならず、等倍メインウェポンを撃ったほうが強いということになる。そのため、「メインウェポンが等倍だが、めざめるパワーで4倍弱点を突ける相手」か「メインウェポンが全て半減以下にされるが、めざめるパワーで2倍弱点以上を突ける相手」の対策として使用する技であり、あらかじめ仮想敵を決めておき、そのポケモンの4倍弱点となるタイプにするとよい。

また、電気や草タイプのように、メインウェポンが止められやすく、かつサブウェポン不足のポケモンの場合は4倍弱点でなくても採用することが多い。他にも氷技がふぶきしかないフロストロトムのように、タイプ一致技が使いにくい等の理由でめざパを自身のタイプに合わせるケースもある(第二世代まではむしポケモンなど、比較的多くのポケモンにまともなメインウェポンが存在しなかったため、これに該当するケースは多かった)。

厳選

世代が進むごとに難易度は下がっているとはいえ、この技は厳選が難しいことが欠点である。

第五世代まで

自分の望む威力(普通は最高の70)・タイプを持つポケモンを手に入れるまで何度も捕獲や孵化を繰り返さなければならない。そのポケモンの個体値も高いものが欲しいとなればその作業は困難を極める。

威力65以上を狙うなら特攻特防素早さの個体値を全て30・31(U・V)にすればよい。

ほのおかくとうエスパーいわタイプにしたい場合、素早さの個体値が偶数でなければならない=最高値の31に出来ないので、素早さ1の差を争うラインにいるポケモンの場合、これらのタイプは選びたくても選べないということがある。ただしほのおタイプに関しては、それを最大の弱点とするナットレイを始めとした強力なポケモンが対戦で台頭していたため、素早さを犠牲にして採用されることも多かった。

同様に、ほのおみずくさかくとうどくひこうタイプでは特攻を最大にできない、トリックルームのために素早さ個体値0にする場合は技の威力が64止まりになる、などと言う事もあるが、他のステータスは素早さと違ってたった1の差が明暗を分けるケースは多くないので、めざパ断念の理由にはならないことが多い。

こおりタイプに限っては、特攻・特防・素早さの3つが31になっていれば他のステータスの個体値がランダムでも3/8の確率で氷タイプになり、かつ威力も66以上が確定と、需要が高いタイプの中ではかなり厳選のハードルが低い。

ちなみに、全ての個体値が最大(俗に言う6V)だとタイプはあくで威力は70になり、逆に全ての個体値が最小(俗に言う逆6V)だとタイプはかくとうで威力は30になる。

第六世代

仕様変更により威力は60に固定された(タイプ決定方法は第五世代以前と同様)。威力は落ちたとはいえ、レパートリー不足を補うサブウェポンとしての採用はまだまだみられる。

厳選に関しては、30や31にしたい個体値を持つ親ポケモンを用意してあかいいとで遺伝させるという方法がとれるようになり、厳選難易度は大分下がった。 伝説のポケモンの厳選も威力計算をしなくてよくなったことや、個体値6つのうち3つが最大値になる「3V確定」となったことでより厳選は楽になった。ただ3Vの仕様上、めざパのタイプの出現率が大きく偏るようになった。特に格闘は3V以上と両立できないので出現しない。

第七世代

すごいとっくんによって後から個体値31相当の能力値にできるようになったため、以前はできなかっためざパ炎や岩などと素早さ最速の両立が可能になった。

それだけでなく、めざパのタイプさえ望みのものが出れば個体値は適当でも良い、という厳選が許容できるようになったため、伝説のポケモンなどの野生捕獲が前提になるポケモンを含め、厳選の難易度が大幅に下がった。

タイプ判定人

手持ちのポケモンがめざめるパワーを使ったときに何タイプになるかを判定してくれる人物がゲーム中に登場する。ただし、この技を覚えることが出来るポケモンしか教えてもらえないので、特にシビシラスについては注意が必要。

タイプを教えてもらえない第三世代では、カクレオンに当てると簡単。

ポケモンカードゲームにおけるめざめるパワー

特殊な効果を持たない攻撃ワザとして登場する。

ポケモンごとに異なる効果を持つワザとしても登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるめざめるパワー

PPは12。効果範囲は正面の敵。ダンジョンに入るたびにタイプと威力が変わる。めざめるパワーを複数覚えていてもすべて同じタイプ・威力になる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 めざめるパワー
英語 Hidden Power
ドイツ語 Kraftreserve
フランス語 Puissance Cachée
イタリア語 Introforza
スペイン語 Poder Oculto
韓国語 잠재파워
中国語(普通話・台湾国語) 觉醒力量
中国語(広東語) 覺醒力量
ポーランド語 Hidden Power

関連項目