ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

すばやさ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

すばやさは、ポケモンのステータスの1つ。高いほど先に攻撃できる(同じ優先度わざを使った場合)。

概要

すばやさは能力値の中でも特殊なものである。ほかの能力値はダメージ計算にてランダム化がかかるので1の違いはそれほど大きくなることはない(とはいえHPの4n+1振りなどセオリーはある)のだが、このすばやさはランダム化がないため、1違うだけで先攻と後攻が決定する。したがって1の違いが攻撃回数を左右してしまうことにもなりかねない。そのため○○抜きなどのすばやさパターン集も出回っている。逆に、すばやさが低いポケモンではすばやさを最遅にしてトリックルームを狙うという戦略もある。また、優先度はすばやさに優先するので、すばやさにこだわらず優先度の高いわざを持つという戦略もある。

急所に当たる確率(第一世代のみ)やにげるの成功率にも関係する。

計算方法

((種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5)×せいかく補正
すばやさが上がりやすいせいかく (1.1倍)
おくびょう・せっかち・ようき・むじゃき
すばやさが上がりにくいせいかく (0.9倍)
ゆうかん・のんき・れいせい・なまいき

種族値としてのすばやさ

世代別最大値・最小値

最大 最小
ポケモン ポケモン
第一世代 マルマイン 140 ヤドン 15
第二世代 マルマイン 140 ツボツボ 5
第三世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ 5
第四世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第五世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第六世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第七世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
ナマコブシ
5

タイプ別最大値

  • 第八世代において、タイプ別ですばやさの種族値が最高のポケモンは次のとおり。ただし、アルセウスはノーマルタイプとしている。また、伝説のポケモンの欄には、メガシンカポケモンを除く。太字はそのタイプで最も高い値。
タイプ 通常のポケモン メガシンカポケモン 伝説のポケモン
ノーマル オオスバメ 125 メガミミロップ 135 メロエッタ
(ステップフォルム)
128
ほのお ヒヒダルマ(ガラル)
(ダルマモード)※
135 メガヘルガー 115 エンテイ
ビクティニ
100
みず カマスジョー 136 メガサメハダー 105 ケルディオ 108
でんき マルマイン 150 メガライボルト 135 ゼラオラ 143
くさ ジュカイン 120 メガジュカイン 145 シェイミ
(スカイフォルム)
127
こおり ヒヒダルマ(ガラル)
(ダルマモード)※
135 メガオニゴーリ 100 キュレム 95
かくとう ルチャブル 118 メガミミロップ 135 フェローチェ 151
どく クロバット 130 メガスピアー 145 ムゲンダイナ 130
じめん ダグトリオ 120 メガガブリアス 92 ランドロス
(けしんフォルム)
101
ひこう テッカニン 160 メガプテラ 150 シェイミ
(スカイフォルム)
127
エスパー フーディン 120 メガフーディン 150 デオキシス
(スピードフォルム)
180
むし テッカニン 160 メガスピアー 145 フェローチェ 151
いわ プテラ 130 メガプテラ 150 テラキオン 108
ゴースト ドラパルト 142 メガゲンガー 130 マーシャドー 125
ドラゴン ドラパルト 142 メガジュカイン 145 ムゲンダイナ 130
あく ゲッコウガ
(サトシゲッコウガ)※
132 メガヘルガー
メガアブソル
115 ダークライ 125
はがね ダグトリオ
(アローラのすがた)
110 メガルカリオ 112 ザシアン
(けんのおう)
148
フェアリー アブリボン 124 メガディアンシー 110 ザシアン
(けんのおう)
148

※フォルムチェンジを入れない場合、ほのおタイプはファイアローの126、こおりタイプ、あくタイプはマニューラの125が最高値である。

努力値としてのすばやさ

上昇方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

下降方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

備考

  • すばやさの値が同じだった場合、どちらかがランダムで先攻になる。
  • 行動決定後、ターン中にすばやさの値を変更した場合、その次のターンからそのすばやさが適用され、そのターンでは変更前のすばやさに従って行動する(第七世代まで)。
    • ターン中にすばやさの値を変更した場合、そのターン中にその素早さが適用される(第八世代)。
  • せんせいのツメイバンのみの効果が発動した場合、素早さに関わらず最も早く行動できる(優先度は適用される)。
  • 道具や特性などによる補正の掛かった状態で自分と相手が完全に同速、かつ同じ優先度のわざを使った場合、行動順はランダムになる。
  • 特性あとだしのポケモンやこうこうのしっぽまんぷくおこうを持たせた場合、素早さやトリックルーム状態に関わらず最も遅く行動する(優先度は適用される)。
  • すばやさ種族値が130のポケモンを130族と呼ぶ。
  • 全ポケモンの種族値平均は66、最終進化形のみに限ると78である。
  • 第六世代ではメガシンカした最初のターンはメガシンカ前のすばやさが適用されたが、第七世代からは最初のターンでもメガシンカ後のすばやさが適用される。
    • 第六世代ではようりょくそなどすばやさが変わる特性をメガシンカ前が持っている場合、メガシンカ前の特性込みのすばやさが適用された。

対戦におけるすばやさ

素早さ調整

対人戦においては相手のポケモンよりも早い行動順で動くことが重要になるため、素早さを調整するという育成法が行われることもある。

以下はメジャーな素早さ調整の例で、括弧内は実数値。

最速100族抜き(168)
ポケモンの世界においてどの世代でも大抵素早さの種族値100は激戦区であり、如何にこのポケモンを抜くが重要となる。
無振り30族抜き(51)
カビゴンヤドランなどを意識した調整。第六世代まででは相手のまひ込みで最速130族+4でもあった。
最速130族抜き(201)
最速こだわりスカーフ70族が該当。
最速70族抜き(135)
最速のエアームドキノガッサなどを意識した調整。
最遅60族抜かれ(57)
ギルガルドのバトルスイッチを意識した調整。
おいかぜ込み最速100族抜き最遅90族抜かれ(84)
特に最遅90族が跋扈するGSダブルで重宝する調整。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるすばやさ

ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは移動速度のランク補正はあるもののマグナゲートと∞迷宮まですばやさは存在せず、行動の順序はリーダー→仲間 (チーム編成の並び順で)、最後に敵ポケモン (出現順) となっている。そのため、ポケットモンスターシリーズですばやさのランク補正を変化させるわざは移動速度を変化させるわざに変更されている。

ポケモン超不思議のダンジョンでは、すばやさは命中率に影響を与え、すばやさが高いほどわざの命中率が上がる。そのためすばやさの低いストーリー序盤ではわざが当たりにくい。

各言語版での名称と由来

言語 名前
日本語 すばやさ/素早さ
英語 Speed
ドイツ語 Initiative
フランス語 Vitesse
イタリア語 Velocità
スペイン語 Velocidad
韓国語 스피드 (Speed)
中国語(普通話・台湾国語) 速度 (Sùdù)
敏捷度 (Mǐnjiédù, 漫画)
中国語(広東語) 速度 (Chūkdouh)
敏捷度 (Máhnjihtdouh, 漫画)
チェコ語 Rychlost
デンマーク語 Fart (アニメ)
Hastighed (公式サイト)
フィンランド語 Nopeus
ハンガリー語 Gyorsaság/Sebesség
オランダ語 Snelheid
ノルウェー語 Fart (アニメ)
Hastighet (公式サイト)
ポーランド語 Szybkość
ポルトガル語 Velocidade
ロシア語 Скорость (Skorost')
スウェーデン語 Snabbhet (アニメ)
Hastighet (公式サイト)
ベトナム語 Sự nhanh nhẹn / Tốc độ

関連項目