ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

すばやさ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

すばやさは、ポケモンのステータスの1つ。高いほど先に攻撃できる(同じ優先度わざを使った場合)。

概要

すばやさは能力値の中でも特殊なものである。ほかの能力値はダメージ計算にてランダム化がかかるので1の違いはそれほど大きくなることはない(とはいえHPの4n+1振りなどセオリーはある)のだが、このすばやさはランダム化がないため、1違うだけで先攻と後攻が決定する。したがって1の違いが攻撃回数を左右してしまうことにもなりかねない。そのため○○抜きなどのすばやさパターン集も出回っている。トリックルームで戦う場合や使うと交代するわざを使う場合など、最遅にした方が有効になることもある。自分と相手が優先度が異なる技を使う場合、すばやさは影響しないのですばやさの意義は薄くなるが、相手も同じ優先度の技を使ったときはすばやさにより先攻が決まる。

急所に当たる確率(第一世代のみ)やにげるの成功率にも関係する。

計算方法

((種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5)×せいかく補正
すばやさが上がりやすいせいかく (1.1倍)
おくびょう・せっかち・ようき・むじゃき
すばやさが上がりにくいせいかく (0.9倍)
ゆうかん・のんき・れいせい・なまいき

種族値としてのすばやさ

世代別最大値・最小値

最大 最小
ポケモン ポケモン
第一世代 マルマイン 140 ヤドン 15
第二世代 マルマイン 140 ツボツボ 5
第三世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ 5
第四世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第五世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第六世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
5
第七世代 デオキシス
(スピードフォルム)
180 ツボツボ
ゴンベ
ナマコブシ
5
第八世代 レジエレキ 200 ツボツボ
ゴンベ
ナマコブシ
5

タイプ別最大値

  • 第八世代において、タイプ別ですばやさの種族値が最高のポケモンは次のとおり。ただし、アルセウスはノーマルタイプのみとする。また、伝説のポケモンの欄には、メガシンカポケモンを除く。太字はそのタイプで最も高い値。
タイプ 通常のポケモン メガシンカポケモン 伝説のポケモン
ノーマル オオスバメ 125 メガミミロップ 135 メロエッタ
(ステップフォルム)
128
ほのお ヒヒダルマ(ガラル)
(ダルマモード)※
135 メガヘルガー 115 エンテイ
ビクティニ
100
みず カマスジョー 136 メガサメハダー 105 ケルディオ 108
でんき マルマイン 150 メガライボルト 135 レジエレキ 200
くさ ジュカイン 120 メガジュカイン 145 シェイミ
(スカイフォルム)
127
こおり ヒヒダルマ(ガラル)
(ダルマモード)※
135 メガオニゴーリ 100 キュレム 95
かくとう ルチャブル 118 メガミミロップ 135 フェローチェ 151
どく クロバット 130 メガスピアー 145 ムゲンダイナ 130
じめん ダグトリオ 120 メガガブリアス 92 ランドロス
(けしんフォルム)
101
ひこう テッカニン 160 メガプテラ 150 シェイミ
(スカイフォルム)
127
エスパー フーディン 120 メガフーディン 150 デオキシス
(スピードフォルム)
180
むし テッカニン 160 メガスピアー 145 フェローチェ 151
いわ プテラ 130 メガプテラ 150 テラキオン 108
ゴースト ドラパルト 142 メガゲンガー 130 バドレックス
(こくばじょうのすがた)
150
ドラゴン ドラパルト 142 メガジュカイン 145 ムゲンダイナ 130
あく ゲッコウガ
(サトシゲッコウガ)※
132 メガヘルガー
メガアブソル
115 ダークライ 125
はがね ダグトリオ
(アローラのすがた)
110 メガルカリオ 112 ザシアン
(けんのおう)
148
フェアリー アブリボン 124 メガディアンシー 110 ザシアン
(けんのおう)
148

※フォルムチェンジを入れない場合、ほのおタイプはファイアローの126、こおりタイプ、あくタイプはマニューラの125が最高値である。

努力値としてのすばやさ

上昇方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

下降方法

戦闘中

ランク補正

その他補正

努力値

詳細な仕様

  • 道具や特性などによる補正の掛かった状態で、自分と相手が同じすばやさかつ同じ優先度のわざを使った場合、行動順はランダムに決まる。
  • 行動決定後、ターン中にすばやさの値が変更された場合、
    • 第七世代まではそのターンでは変更前のすばやさに従って行動し、次のターンから変更後のすばやさ順に行動するようになる。
    • 第八世代ではそのターン中に変更後のすばやさが適用される。
    • ジャイロボールエレキボールの威力は、第四世代から一貫してすばやさの値が変わったターンから影響を与える。
  • ポケモンがメガシンカしたターンでは、第六世代ではメガシンカ前のすばやさと特性の効果で行動順が決まる。第七世代ではメガシンカ後のすばやさと特性の効果で行動順が決まる。
  • せんせいのツメイバンのみクイックドロウの効果が発動した場合、すばやさやトリックルーム状態に関わらず、同じ優先度の行動の中で最も早く行動する。
  • 特性あとだしのポケモンやこうこうのしっぽまんぷくおこうを持たせたポケモンは、すばやさやトリックルーム状態に関わらず、同じ優先度の行動の中で最も遅く行動する。
    • 特性あとだしのポケモンがせんせいのツメ・イバンのみを発動させたときや、こうこうのしっぽ・まんぷくおこうを持たせたポケモンがクイックドロウを発動させた場合、あとだし・こうこうのしっぽ・まんぷくおこうの効果は無視されて、同じ優先度の行動の中で最も早く行動するようになる。
    • 第八世代でも、あとだし・こうこうのしっぽ・まんぷくおこうが譲渡されたり消滅したりしてもそのターンの行動順に影響はしない。

すばやさ補正

第四世代以前

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

第五世代以降

  • 補正の効果ですばやさが0になることもある。
  • すばやさにはいくつか補正される箇所がある。すばやさを計算に用いるとき、どのすばやさを使うかは場合により異なる。
a. すばやさ実数値
b. aのすばやさをランク補正他諸々の効果で補正したすばやさ
c. bのすばやさが10000を超える場合、10000になる
d. トリックルーム状態なら10000からcのすばやさを引く。トリックルーム状態でないならcのまま
e. dのすばやさを213=8192で割った余りを出す。8192未満ならばそのまま
  • すばやさには上限が設定されている。ランク補正特性もちものおいかぜの効果を受けても、cの処理によりすばやさが10000を超えることはない。さらに、8192以上になったすばやさはeの処理により8192引かれ、すばやさ1809~8191のポケモンより行動順が遅くなる。
  • すばやさが1808以下のポケモンは、トリックルーム状態ではすばやさが遅い順に行動するようになる。すばやさが1809のポケモンはeのすばやさが8191になるため、他のどのポケモンよりトリックルーム下で早く行動する。すばやさが1810~10000に上がると、eのすばやさは8190から下がっていく。
  • bの補正されたすばやさは以下のように求められる。
すばやさb = すばやさ実数値×ランク補正×まひ補正×すばやさ補正/4096

小数点は、ランク補正計算後は切り捨て、まひ補正計算後は切り捨て、すばやさ補正を計算し4096で割った後は五捨五超入する。

すばやさ補正算出法
上から順に初期値4096に補正値を掛け4096で割る処理をする。各計算ごとに小数点は四捨五入する。
補正順 効果 補正値 近似倍率 発動条件など
特性 ようりょくそ 8192 2.0 特定天候フィールド下ですばやさが2倍になる
すいすい
すなかき
ゆきかき
サーフテール
スロースタート 2048 0.5 場に出て5ターンの間すばやさが半減する
かるわざ 8192 2.0 もちものを手放すとすばやさが2倍になる
はやあし 6144 1.5 状態異常になるとすばやさが1.5倍になる
もちもの スピードパウダー 8192 2.0 メタモンが持つとすばやさが2倍になる
こだわりスカーフ 6144 1.5 最初に選んだ技しか出せなくなる代わりにすばやさが1.5倍になる
くろいてっきゅう 2048 0.5 地面にいるようになりすばやさが半減する
パワー系アイテム 2048 0.5 得られる基礎ポイントが増えるがすばやさが半減する
状態 おいかぜ 8192 2.0 4ターンの間、すばやさが2倍になる
状態 しつげん 1024 0.25 4ターンの間、すばやさが1/4になる
例1
すばやさ実数値154のドリュウズ(Lv.50)のすばやさランクが1段階下がっており、特性すなかき、持ち物こだわりスカーフおいかぜしつげん状態の効果を受けている。
すばやさ補正値は 4096×8192/4096×6144/4096×8192/4096×1024/4096 = 6144
すばやさb = (154×2/3)×6144/4096 = 153
  • 括弧内で切り捨てる。すばやさ補正計算後、五捨五超入する。
すばやさbが10000や8191を超えていないので、すばやさe = 153として行動する。
例2
すばやさ実数値548のレジエレキ(Lv.100)のすばやさランクが6段階上昇しており、変更された特性サーフテール、持ち物こだわりスカーフ、おいかぜ状態の効果を受けている。
すばやさ補正値は 4096×8192/4096×6144/4096×8192/4096 = 24576
すばやさb = (548×4)×24576/4096 = 13152
すばやさbが10000を超えているので、すばやさc = 10000 に切り捨てられる。
すばやさdが8191を超えている。すばやさdを8192で割った余りは1808なので、すばやさe = 1808として行動する。
ただし、エレキボールを使用する場合やジャイロボールを受ける場合、自身のすばやさは10000として計算する。
例3
すばやさ実数値233のテッカニン(Lv.50)のすばやさランクが6段階上昇しており、おいかぜ状態とトリックルーム状態の効果を受けている。
すばやさb = (233×4)×8192/4096 = 1864
すばやさd = 10000-1864 = 8136
すばやさdを8192で割った余りは8136なので、すばやさe = 8136として行動する。

備考

  • 全ポケモンの種族値平均は66、最終進化形のみに限ると78である。

対戦におけるすばやさ

  • すばやさ種族値が130のポケモンを130族と呼ぶ。その他、同じすばやさ種族値を持つポケモンをまとめて○○族と呼ばれることがある。

すばやさ調整

対人戦においては相手のポケモンよりも早い行動順で動くことが重要になるため、すばやさを調整するという育成法が行われることもある。

以下はメジャーなすばやさ調整の例で、括弧内は実数値。

最速100族抜き(168)
すばやさ種族値100のポケモンは多いため重要となりやすい。
最速70族抜き(135)
最速のキノガッサなどを意識した調整。素の素早さで上からでもトリックルームで下からでも動ける、所謂「中速トリパ」でも一定の基準となる調整。
こだわりスカーフ込み最速130族抜き(134)
最速70族が該当。
無振り85族抜き(106)
耐久特化したカプ・レヒレスイクンクレセリアを意識した調整。
おいかぜ込み最速100族抜き最遅90族抜かれ(84)
主に最遅90族(グラードンカイオーガ)が出場できるダブルバトルでの調整。
最遅60族抜かれ(57)
ギルガルドバトルスイッチを意識した調整。
無振り30族抜き(51)
カビゴンヤドランなどを意識した調整。第六世代まででは相手のまひ込みで最速130族+4でもあった。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるすばやさ

ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは移動速度のランク補正はあるもののマグナゲートと∞迷宮まですばやさは存在せず、行動の順序はリーダー→仲間 (チーム編成の並び順で)、最後に敵ポケモン (出現順) となっている。そのため、ポケットモンスターシリーズですばやさのランク補正を変化させるわざは移動速度を変化させるわざに変更されている。

ポケモン超不思議のダンジョンでは、すばやさは命中率に影響を与え、すばやさが高いほどわざの命中率が上がる。そのためすばやさの低いストーリー序盤ではわざが当たりにくい。

各言語版での名称と由来

言語 名前
日本語 すばやさ/素早さ
英語 Speed
ドイツ語 Initiative
フランス語 Vitesse
イタリア語 Velocità
スペイン語 Velocidad
韓国語 스피드 (Speed)
中国語(普通話・台湾国語) 速度 (Sùdù)
敏捷度 (Mǐnjiédù, 漫画)
中国語(広東語) 速度 (Chūkdouh)
敏捷度 (Máhnjihtdouh, 漫画)
チェコ語 Rychlost
デンマーク語 Fart (アニメ)
Hastighed (公式サイト)
フィンランド語 Nopeus
ハンガリー語 Gyorsaság/Sebesség
オランダ語 Snelheid
ノルウェー語 Fart (アニメ)
Hastighet (公式サイト)
ポーランド語 Szybkość
ポルトガル語 Velocidade
ロシア語 Скорость (Skorost')
スウェーデン語 Snabbhet (アニメ)
Hastighet (公式サイト)
ベトナム語 Sự nhanh nhẹn / Tốc độ

関連項目