ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

でんき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

でんき(電気)は、タイプの一種。

概要

電気・雷をイメージさせるポケモンが分類される。ポケモンの代名詞でもあるピカチュウをはじめ、マスコット系のポケモンや伝説のポケモンが多数存在する人気の高いタイプである。

とくこうすばやさが高く、ぼうぎょは低めであるポケモンが多い。ゆえにアタッカー気質のポケモンが目立つ。また、相手をまひさせることを得意としており、でんき技の追加効果にはまひ状態を狙えるものが多い。

じめんタイプが弱点であり、対戦においてはサブの攻撃技としてめざめるパワー(主にでんきと相性の良いこおり)を持たせて対策するケースがよく見られる。一方でひこうタイプとの複合やふゆう特性でじめん技を無効にできるでんきタイプの数も多い。それらは耐性に恵まれていることから対戦で一線級の活躍をしていることもしばしばである。ただし、エレキフィールドの恩恵を受けられないというデメリットもある。地に足のついているでんきタイプと浮遊しているでんきタイプでは弱点が異なることからタイプ統一パーティは比較的組みやすいとも言える。

ポケモンカードゲームではタイプに分類される。

ポケモンとしてのでんきタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:でんきポケモンを参照。

でんきのみ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ノーマル

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+ほのお

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+みず

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+くさ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+こおり

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+どく

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第八世代

一覧

+じめん

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+ひこう

相性

×○
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+エスパー

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第七世代

一覧

+むし

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+いわ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第七世代

一覧

+ゴースト

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+ドラゴン

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+あく

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第八世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

×

第六世代以降

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+フェアリー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

でんきタイプの歴史

第一世代

元々弱点がじめんタイプのみで全体的に素早く特殊の高いポケモンが多かった。当時のでんきタイプのエースは何といってもサンダースで、まれにマルマインサンダーを見かけるぐらいか。その3匹が使えない99カップでは、ポストサンダースにライチュウエレブーが使われた。

余談だが、初代のポケモンスタジアムでは何故かライチュウではなくピカチュウがエントリーできるようになっていた。

第二世代

みずタイプと共にあまごいの天候補正の恩恵を受け、でんきタイプは命中率が不安だったかみなりが必ず命中する仕様となった。また、追加効果が3割から1割に落ちたふぶきとは逆に、かみなりは追加効果のまひが1割から3割になるように強化された。めざめるパワーこおりみずくさ)も習得したおかげで、対策がなかったじめんタイプに対抗できるようになり、特にこおりタイプとは相性が良く、じめんタイプ以外にもでんきタイプを半減するくさドラゴンに弱点を突ける。

サンダースバトンタッチなどの補助技、エレブークロスチョップなどの攻撃技に長けるようになり、サンダーひこうタイプの優位性が増したなどでニンテンドウカップ2000三巨頭と言われるまでとなった。新入りで活躍できたのはライコウぐらいしかいないが、その彼はクリスタル発売後に10まんボルト習得とまきびしパルシェンの登場でさらに需要が増した。

第三世代

ジュカインテッカニンなどの俊足を誇る新規勢の登場からなる素早さ信仰の加速によって、でんじはで素早さ操作できるという個性に対してスポットライトが浴びせられた。しかし、ひらいしんちくでんの登場、ダブルバトルにおけるじしんの導入化など、徹底的にメタを張られるようになった。そんな中でも活躍できたのは素早さの種族値130から状態異常を撒けるサンダースであり、厳選難易度に目を瞑ればサンダースを上回る総合力の持ち主としてライコウの名前が挙がった。

第四世代

技の物理特殊の分離によって、でんきの中では特殊アタッカーが立場を保った一方で、物理アタッカーの多くは主力一致技不足に陥った。一致物理技の最大威力がかみなりのキバまたはスパーク止まりであったレントラーは、主力一致技に恵まれないポケモンの典型であった。

第五世代

ウォッシュロトムの解禁、けしんボルトロスの登場、ワイルドボルトの追加が主な変化。特にけしんボルトロスのいたずらごころによる先制いばるでんじはは環境における多くのポケモンを機能停止に追い込んだ。実質弱点なしのシビルドンは能力判明当初は話題となった。

第六世代

10まんボルトかみなりめざめるパワーの威力下方修正など弱体化があったが、でんきにまひが無効になるように強化もされた。

ダブルバトルではメガシンカを獲得したライボルトの活躍が顕著で、WCS2014を制覇したパーティで活躍したパチリスも印象的。

第七世代

でんじはまひの弱体化など、ポケモンのe-Sports化の機運を受けて運ゲー要素が規制され、そのあおりをでんきは受けた。

クワガノントゲデマルカプ・コケコデンジュモクの登場が新規の中では目立つ。USUMではでんき初の幻のポケモンであるゼラオラが追加された。しかし環境レベルで言うとシングルバトルのでんき枠はカプ・コケコの1人勝ち状態。対面で突っ張ってよし、サイクルを回してエレキメイカーを繰り返し発動してよしと、その火力、速度、汎用性から生半可なでんきの速攻型の立場を奪ってしまった。

わざとしてのでんきタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:でんきわざを参照。

対戦における代表的なでんきわざ

数字上はあまり優秀とは言い難いが、弱点を突けるみずひこうが多い環境下、電気技が有効な場面も少なくない。

でんきタイプの主な特殊技には10まんボルト・かみなりが存在する。かみなりは威力に長けるものの命中率に乏しいため、基本的には10まんボルトの方が優先されやすい(状態であればかみなりは必中となり、有用)。これらはわざマシンで比較的多くのポケモンが習得可能であり、サブウェポンとしても使用されている。他にもボルトチェンジほうでんがあり、威力は劣りながらも追加効果などで個性を持つ。

でんきタイプで有用な物理技には、マシンわざであるワイルドボルトが挙げられる。威力の割に反動ダメージが気になるが、それ以外にはかみなりパンチかみなりのキバスパークなど軒並み威力が低いものばかりであり、やや火力に難がある。

よく使われる変化技にはでんじはがある。マシンわざで多くのポケモンが覚え、まひの効果で相手を大きく妨害できるのでサポート役を中心によく採用される。

でんきタイプを好むポケモントレーナー

備考

  • 弱点はじめんのみと、全18タイプ中、ノーマルと共に最も弱点が少ない。
  • 第六世代までは、フォルムチェンジでのタイプ変化を除いた場合、このタイプを持つ幻のポケモンは存在しなかった。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 でんき
ドイツ語 Elektro
英語 Electric
スペイン語 Eléctrico
フランス語 Électrique
Électrik
イタリア語 Elettro
韓国語 전기 (Jeon'gi)
中国語(ゲーム) 簡体字 电 (Diàn)
繁体字 電 (Diàn)
中国語(その他) 大陸 电 (Diàn)
电气 (Diànqì)
香港 電 (Dihn)
電擊 (Dihngīk)
電氣 (Dihnhei)
雷 (Lèuih)
放電 (Fongdihn)
台湾 電 (Diàn)
電氣 (Diànqì)
チェコ語 Elektrický
デンマーク語 Elektrisk
ギリシャ語 Ηλεκτρισμού (Ilektrismoú)
フィンランド語 Sähkö
ヘブライ語 חשמל (Khashmal)
ハンガリー語 Elektromos
インドネシア語 Listrik
アイスランド語 Elding
マレーシア語 Elektrik
オランダ語 Elektrisch
ノルウェー語 Elektrisk
ポーランド語 Elektryczny
ポルトガル語 ブラジル Elétrico
Eletricidade
ポルトガル Elétrico
ルーマニア語 Electricitate
ロシア語 Электро (Elektro)
スウェーデン語 Elektrisk
El
タイ語 ไฟฟ้า (Faifa)
トルコ語 Elektrik
ベトナム語 Điện
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???