ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ミミッキュ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ミミッキュ
Mimikkyu
英語名 Mimikyu
全国図鑑 #778
ジョウト図鑑 #
ホウエン図鑑 #
シンオウ図鑑 #
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #
新イッシュ図鑑 #
セントラルカロス図鑑 #
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #242
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #114
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #315
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #136
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #301
分類 ばけのかわポケモン
タイプ ゴースト
フェアリー
たかさ 0.2m
おもさ 0.7kg
とくせい ばけのかわ
図鑑の色
ぬしポケモン
たかさ 0.4m
おもさ 2.8kg
タマゴグループ ふていけい
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 とくぼう+2
基礎経験値
  • 第七世代: 167
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度
III~VII
70
外部サイトの図鑑

ミミッキュとはぜんこくずかんのNo.778のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター サン・ムーン

特徴

本体が布に隠れてしまうほど小さなポケモン。図鑑の高さが本体の高さとして、全体が擬態しているピカチュウほどの大きさ (0.4m) とすれば、本体の高さは全体の半分ほどとなる。体の部分に空いた2つの穴から黒い目を覗かせている。攻撃の際は、ボロ布の下からその不定形の体を出すことがある。ボロ布を用いてピカチュウに擬態している。ボロ布の色はくすんだ黄色で、耳の先端は黒色。尻尾の部分は木の枝を利用している(ウッドハンマーを覚えるのはこのためか)。顔の部分はクレヨンで子供が落書きしたような感じとなっており、黒色でぐるぐると塗りつぶしたような目、オレンジ色の頬、ギザギザの口となっていて、鼻は描かれていない。これらの模様は、ミミッキュ自身の能力によって浮かび上がらせたものである。ボロ布は人形と同様の構造となっているのか、攻撃を受けると首が折れてしまい、ミミッキュが繕わないと直らない。

本体の姿は明らかにされていないが、見た学者が恐怖でショック死した、見ると謎の病に苦しむなどといったエピソードが残るなど、恐ろしいものとされている。また、日光が苦手であり、光を避けるためボロ布を被っているとも言われている。

性格は寂しがり屋で、ピカチュウの格好をしているのも、この姿なら人間と仲よくできると考えているため。ボロ布が破れたり、首が折れたりすると悲しみ、夜なべしてでもこれを直したりする。

進化

ポケモンずかんの説明文

サン
ばけたすがた
しょうたいふめい。ボロぬのの なかみを みた とある がくしゃは きょうふの あまり ショックしした。
(漢字) 正体不明。ボロ布の 中身を みた とある 学者は 恐怖の あまり ショック死した。
ばれたすがた
せっかく ばけていたのに くびが おれてしまった。 なかみは まだ たぶん むきずだが かなしいのだ。
(漢字) せっかく 化けていたのに 首が 折れてしまった。 中身は まだ 多分 無傷だが 悲しいのだ。
ムーン
ばけたすがた
おそろしい すがたを ボロぬので かくし ひとや ほかの ポケモンに ちかづく さみしがりや。
(漢字) 恐ろしい 姿を ボロ布で 隠し 人や 他のポケモンに 近づく 寂しがりや。
ばれたすがた
こうげきされて くびが へしおれたり かぶった ぬのが やぶれてしまうと なかみが よなべで つくろうのだ。
(漢字) 攻撃されて 首が へし折れたり かぶった 布が 破れてしまうと 中身が 夜なべで 繕うのだ。
ウルトラサン
ばけたすがた
おとなしい さみしがりや だけど ボロきれの なかみを みようとすると はげしく いやがり ていこうする。
(漢字) 大人しい 寂しがり屋 だけど ボロ切れの 中身を 見ようとすると 激しく 嫌がり 抵抗する。
ばれたすがた
かがみの まえに たって ひっしに おれた くびを なおす。 なかなか なおらないので なかみは ないている。
(漢字) 鏡の 前に 立って 必死に 折れた 首を 直す。 なかなか 直らないので 中身は 泣いている。
ウルトラムーン
ばけたすがた
かぜが まって ぐうぜん なかみを みてしまった トレーナーは そのひの ばんに くるしみ もがいて しんだ。
(漢字) 風が 舞って 偶然 中身を 見てしまった トレーナーは その日の 晩に 苦しみ もがいて 死んだ。
ばれたすがた
しょうたいが ばれそうで かなしい。 くびの ぶぶんを おった あいては ぜったい ゆるさず ふくしゅうする。
(漢字) 正体が ばれそうで 悲しい。 首の 部分を 折った 相手は 絶対 許さず 復しゅうする。
ソード
ばけたすがた
こわがられないように ピカチュウに にせた ボロぬのを かぶっているが よけい ぶきみに なってしまった。
(漢字) 怖がられないように ピカチュウに 似せた ボロ布を かぶっているが 余計に 不気味に なってしまった。
ばれたすがた
ピカチュウに ばけていた ことを ばらした ヤツは ようしゃしない。 さしちがえてでも かならず たおす。
(漢字) ピカチュウに 化けていた ことを ばらした ヤツは 容赦しない。 刺し違えてでも かならず 倒す。
シールド
ばけたすがた
けんきゅうのため ボロぬのの なかを みてしまった がくしゃが なぞの びょうきで いのちを おとした。
(漢字) 研究のため ボロ布の 中を 見てしまった 学者が 謎の 病気で 命を 落とした。
ばれたすがた
ぬのの ちからで てきの こうげきを うけながしたが くびが おれてしまい しょうたいが ばれてしまった。
(漢字) 布の 力で 敵の 攻撃を 受け流したが 首が 折れてしまい 正体が ばれてしまった。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 55
 
115 - 162 220 - 314
こうげき 90
 
85 - 156 166 - 306
ぼうぎょ 80
 
76 - 145 148 - 284
とくこう 50
 
49 - 112 94 - 218
とくぼう 105
 
99 - 172 193 - 339
すばやさ 96
 
90 - 162 177 - 320
合計 476
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 25%
ゴースト: 200%
はがね: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 0%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 400%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 400%
ゴースト: 50%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ミミッキュ/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 7)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ウッドハンマー くさ 物理 120 100% 15
1 はねる ノーマル 変化 —% 40
1 おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
1 ひっかく ノーマル 物理 40 100% 35
1 まねっこ ノーマル 変化 —% 20
6 かげうち ゴースト 物理 40 100% 30
12 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
18 つぶらなひとみ フェアリー 変化 100% 30
24 ものまね ノーマル 変化 —% 10
30 つめとぎ あく 変化 —% 15
36 きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
42 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
48 あまえる フェアリー 変化 100% 20
54 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
60 いたみわけ ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 7)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン14 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン16 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
わざマシン17 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン19 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン23 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン28 ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10
わざマシン29 あまえる フェアリー 変化 100% 20
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン37 ふくろだたき あく 物理 100% 10
わざマシン38 おにび ほのお 変化 85% 15
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン59 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン63 ドレインパンチ かくとう 物理 75 100% 10
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン70 トリックルーム エスパー 変化 —% 5
わざマシン72 マジックルーム エスパー 変化 —% 10
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン77 たたりめ ゴースト 特殊 65 100% 10
わざマシン86 ゴーストダイブ ゴースト 物理 90 100% 10
わざマシン87 ドレインキッス フェアリー 特殊 50 100% 10
わざレコード00 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざレコード08 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざレコード09 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざレコード11 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざレコード18 きゅうけつ むし 物理 80 100% 10
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード33 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざレコード37 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざレコード38 トリック エスパー 変化 100% 10
わざレコード48 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざレコード58 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざレコード60 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざレコード85 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざレコード90 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
わざレコード92 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 7)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[562][563] おんねん ゴースト 変化 —% 5
[092][093][094][355][356][477]
[562][562G][563][607][608][609]
[708][709][867][871]
のろい ゴースト 変化 —% 10
[092][093][094][109][110][110G]
[202][425][426][477][562][562G]
[563][592][593][708][709][867]
みちづれ ゴースト 変化 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 7)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 出現場所 レベル 入手方法
S・M Lv.29-32 スーパー・メガやす あとち - -
US・UM Lv.31-34 スーパー・メガやす あとち Lv.40 カンタイビーチナリヤ・オーキドヌシールを80枚見せると
ぬしサイズのミミッキュが貰える。(US/UM)

配布ポケモン

おや 言語/地域 ソフト
ポケセン 日本 SM
カーニバル 日本 SM
PGL 日本 USUM

持っているアイテム

S・U/US・UM
カゴのみ(5%)

備考

  • 初のゴーストフェアリーの複合タイプのポケモン。
  • 公式の等身大ぬいぐるみと高さの設定を照らし合わせて計算すると、本体部分は首から下だけで後は布部分。

アニメにおけるミミッキュ


ポケモンカードにおけるミミッキュ

ミミッキュの歴史

第七世代

能力判明当初から強力なポケモンとして認知され、シングルバトルでは使用率1位がミミッキュの特等席となった。SMリーグ初期には攻撃素早さ努力値を全振りした抜きエース型が人気であった。

ポケモンバンク解禁後のSMシーズン2にのろい+いたみわけによる耐久型が成立。シーズン3にメガクチートが解禁され、ポリゴン2クチート、ミミッキュとキノガッサの並び「ポリクチミミガッサ」が韓国で流行。シーズン4にメガバシャーモが解禁され、攻撃防御を中心に努力値を振った型が確立。USUMリーグではゲッコウガ、ミミッキュ、メガリザードンXで対面性能を追求した「ゲコミミリザX」が主流パーティの1つとなり、実際各シーズンにおいてミミッキュとの同時エントリー率1位と2位をゲッコウガとリザードンで分け合った。第七世代に「結論パ」はそれほど明確なものが存在するわけではないが、強いて言えばカバルドンボーマンダギルガルドのトリオ「カバマンダガルド」を表選出として、ゲッコウガ、ミミッキュ、カプ・コケコのトリオ「ゲコミミコケコ」を裏選出とするパーティを「結論パ」とする意見もある。

エースにするなら技構成はかげうちじゃれつくシャドークローつるぎのまいとなり、起点型にするならトリックルームのろいいたみわけなどをつるぎのまいや攻撃技のどれかと入れ替えるのが主流。USUMリーグシングルバトルではどちらの型でもミミッキュZが最も大きなシェアを持っており、次いでゴーストZが主流。性格はいじっぱりが一番手。いじっぱり型の場合、退場しやすいようにすることと汎用性を持たせることを目的として後手で動くためにHP攻撃を中心とした努力値振りが行われた。そのため上級者筋の中ではトリックルームで起点を作ってからぽかぼかフレンドタイム+かげうちで1体を処理したりのろいで退場したりするという、いわゆる「殴れる起点役」の立ち位置のポケモンとして知られる。シングルバトルでは一見ミミッキュがトリックルームの展開役になる余裕は無いようではあるが、耐久ベースのポケモンが蔓延しているUSUMリーグ環境では十分運用可能。ようき型は2番手で15%程度の割合だが、基本的にUSUMリーグに80%程度存在するいじっぱり型ミミッキュの上を取るためという性質を持つ。補助技が優秀なのでフルサポート型も同リーグには1%弱の割合で存在しており、その場合はイカサマこんらん自傷対策としておくびょうを選ぶのが一番。USUMリーグ初期にはでんじははほぼ候補外であったが、シーズン9以降はどのシーズンも搭載率10位以内にでんじはの名前が挙がっている。

ダブルバトルでは集中攻撃によってばけのかわに対応できることや、いかくを受けた場合に足手まといになりがちなことからシングルバトルほどには暴れなかった。JCS2017の解説を務めたゲームフリーク森本茂樹は放送席にてミミッキュをわざとオーバースペックなポケモンとして開発したと明かしていたが、それでもなおプレイヤー筋からは「ゲームフリークはダブルバトルしか想定していなかったのか」とシングルバトルにおけるミミッキュの調整ミスぶりを批判する声があった。USUMリーグのダブルバトルでは使用率20位台が定位置。WCS2017(アローラダブル)、WCS2018(全国ダブル)、WCS2019(GSダブル)の世界大会マスターカテゴリではいずれもベスト8進出者中1人が使用するにとどまる。

USUMリーグダブルバトルでは約40%から50%程度存在するいじっぱり型が基本だが、20%程度のゆうかん型、10%程度のようき型も存在する。なまいき、のんきすら5%程度存在している。ダブルバトルではトリックルームでサポートできないと話にならないと考えるプレイヤーも多いため、メンタルハーブが持ち物の二番手となっている。ミミッキュの相方として多かったのはカビゴンである。ミミッキュのトリックルームからはらだいこを決めるのが主な戦術だが、ゴーストZみちづれで攻撃を引き付けたり、ノーマル技無効を活かしてじばくに巻き込んだりと多様な攻め方があった。

2018年5月に行われた幻のポケモンではない禁止級伝説は出場できないが幻のポケモンは出場できる、持ち物、種族の重複ありのシングルバトル『ウルトラスーパーハイパーチャレンジ』ではジュニアカテゴリ、マスターカテゴリ共に使用率6位と、幻のポケモンと比べても遜色のないポケモンであることを示した。

第八世代

ばけのかわを発動するとHPが最大値の8分の1消費するように弱体化された。これにより、きあいのタスキ型が事実上消滅した。さらに、Zワザ自体が廃止され、専用ZクリスタルミミッキュZを失った。

ところがダイマックスの登場のおかげでミミッキュ1体で敵に継続して負荷をかけることが可能に。ダイマックスを使えば元々の悪くない耐久力もあいまって一撃では倒しづらくなった。ソード・シールドにはカエンジシが存在しないため、ついに一致技で全ポケモンに等倍以上を取ることが可能になった。

この世代に存在しないZクリスタルの代わりにいのちのたまを持った型が主流化。またダイフェアリーを獲得したことで、素早さ種族値が自身より低いヒートロトムに先制して放つことでおにびを防ぐというバトル運びができるようになった。かげうちダイホロウ化して低威力を補うという考えでシャドークローをカットして空いたその枠に変化技を搭載して汎用性を高めた型もそこそこ見られるようになった。第七世代の頃と比べて素早さの低いポケモンも増えたため、ようき型が主流となった。のろいはダイマックス状態のポケモンにも有効であり、ダイマックス対策もバッチリ。

一方、かたやぶりドリュウズヨクバリスなど新たにメタとなるポケモンが台頭。アタッカーの他、相手のダイマックスにも即急に対処する必要があり、後出ししてばけのかわで相手のダイマックスターンを切らすような役割も持つように。つるぎのまいを積む暇が以前ほど無くなり、普通に攻撃したりつるぎのまいを使わず直接ダイマックスするパターンが増加した。ばけのかわ発動のデメリットやいのちのたまのHP減少による負担増加もあり第7世代より油断できない場面が多くなったと言える。

それでも強力であることは変わらずPokémon HOME解禁前の環境はミミッキュがドラパルト等に並んで高い使用率を誇る。

ダイマックスエースとしては「積みエース型」「対ダイマックス型」に分類される。

ランクバトルシングルバトルシリーズ1終盤にはいのちのたまと異なりスリップダメージが発生しないのろいのおふだを持たせた型や、ダイマックスしたギャラドスに後投げして勝てるアッキのみ型などが流行。

ランクバトルシングルバトルシリーズ1最終2位構築はゴーストダイブ搭載型のミミッキュを採用したものであった。ゴーストダイブでダイマックスターンを枯らせることができ、溜めのデメリットも自身がダイマックスすることにより帳消しにできる。

ランクバトルシングルバトルシリーズ1の厨パとしてはミミッキュ、ドラパルトバンギラスドリュウズヒートロトムアーマーガアによる6匹が該当する。

ランクバトルシングルバトルシリーズ2期には、死に出しのトゲキッスのわるだくみに合わせて後投げし、こうこうのしっぽトリックで押し付け、みがわりダイマックスターンを枯らしてからみちづれでダイマックス終了後を狙って処理する型が開発された。

Pokémon HOME解禁前に自力で入手することに関しては若干面倒で、固定シンボルは草に紛れているうえ、非常に小さく見つけづらい。ランダムエンカウントで遭遇できる確率も非常に低い。さらに、マックスレイドバトルを除いて天候が霧にならないと出現せず、即席かつ自力で入手したい場合は日時変更によるペナルティも覚悟する必要がある。一方、育成面では非常に楽であり、わざレコード00を用意して必要なレベルアップ技を両親に覚えさせさえすれば、厳選してえいようドリンクで努力値を振るだけでほぼ育成済み個体ができる。というのも、この世代のランクバトルではレベル49以下のポケモンがレベル50に補正される形式のフラットバトルルールを採用してるためである。

一般的な育成論

高い特防とそこそこの攻撃素早さを持つが、HP特攻は低い。物理アタッカーに育成するのが基本。

ダメージを一度だけ無効にできる特性はばけのかわが非常に強力。相手が攻撃系のZワザを使おうとしているタイミングで出せば、大きなアドバンテージを得ることができる。ただし、連続攻撃技は2回目以降の攻撃は通常通りダメージを受け、特性かたやぶりなどでばけのかわを無効にされれば通常通りダメージを受けるので過信は禁物である。また、変化技までは防げないためおにびなどには注意が必要である。

ウルトラサン・ウルトラムーンではぬしミミッキュが入手できる。ぬしは重さが2.8kgなのでけたぐりくさむすびの威力は通常のミミッキュと変わらず20のままで(そもそもけたぐりはタイプ相性上無効)、ヘビーボンバーの威力を低下させるケースを増やす方向にのみ影響を与える。高さはぬしの場合だと0.4mなので、ぬしであるか否かは注視しないと見落とす場合がある。ただ、タマゴ技が使えないため、ぬしを使う場合技としてみちづれのろいは候補外となる。ぬしミミッキュの技構成は最も無難なものだと、シャドークローじゃれつくつるぎのまいかげうちとなる。

シングルバトル

いずれにせよこの特性ばけのかわにより、特にシングルバトルでは特定の条件を除きミミッキュを一撃で倒すことができないことから、どのようにミミッキュに対応するかが重要になる。第七世代になりミミッキュがシングルバトルの王者として君臨し続けているのも、一撃はダメージを受けずそのターンでミミッキュが様々な行動を取ることが可能なため。それだけにミミッキュを使う側も対応する側もそれなりに相手の行動を読むことが重要である。

攻撃技の候補としては、タイプ一致のじゃれつくシャドークローかげうち、サブにウッドハンマーが挙げられる。変化技の候補としては、みちづれおにびでんじはつるぎのまいなどが挙げられる。じゃれつくの命中率が100ではないのでつめとぎで攻撃と命中を同時に上げるのも有効。二つのタイプ一致技だけで、カエンジシ系統を除く全ポケモンに等倍以上のダメージを与えられる点も優秀であるが、つるぎのまいなどで攻撃を上げないとそこまでの火力が出ないので注意。

持ち物は、高くない火力を強化できるいのちのたまや耐久補強のきあいのタスキなどが挙げられる。きあいのタスキはばけのかわと併せてつるぎのまいを安全に二回積むことができる。ただし、攻撃技は直接攻撃技しか使用しないため、さめはだゴツゴツメットなどには注意が必要である。

また、ノーマルZを持たせ、Zはねるを繰り出すと攻撃を3段階も上げることが可能。ただし、Zワザ枠を消費してしまううえ、いのちのたまを持たせてつるぎのまいを積む場合より火力が低く、全抜きを狙うには素早さも足りない。使う場合はほえるふきとばしを警戒したい。

ウルトラサン・ウルトラムーンでは、専用ZクリスタルミミッキュZによるぽかぼかフレンドタイムを獲得した。追加効果こそないものの元の威力がラブリースターインパクトを超えており、タイプ一致で実質威力285の火力を叩き込める。火力重視ならオススメ。ただし直接攻撃であるためてつのトゲなどには注意が必要。

第八世代からはばけのかわが剥がれると最大HPの8分の1位のダメージを受けるようになった。これを逆手に取った、みがわり2回連打で相手のダイマックスターンを消費しつつトリックルームを展開し、くろいヘドロのダメージとばけのかわのスリップダメージを活かして退場するHP8n調整型が開発された。

ダブルバトル

ダブルバトルでは特性を活かし、トリックルームの始動役としても優秀。いずれの能力値そのものが微妙であるうえ、シングルバトルと異なり積む隙があまり多くないからこそ安定する芸当でもある。

各言語版での名称と由来

ミミッキュ
言語 名前 由来
日本語 ミミッキュ mimic you(英語:あなたに擬態する)、Q(questionの略、疑問)
ドイツ語 Mimigma Mimik(擬態)、enigma(英語:謎)
英語・スペイン語・イタリア語 Mimikyu mimic you(あなたに擬態する)
フランス語 Mimiqui mimique(擬態)、qui(誰)
韓国語 따라큐 (Ttarakyu) 따라하다(尻馬に乗る)、Q
中国語(ゲーム) 簡体字 谜拟Q (Mínǐ-Q) 謎、擬、迷你(ミニ)、Q
繁体字 謎擬Q (Mínǐ-Q)
中国語(その他) 香港 謎擬Q (Màihyìh-Q)
台湾 謎擬Q (Mínǐ-Q)
ロシア語 Мимикью (Mimik'yu) 英語の音写
ばけたすがた
言語 名前
日本語 ばけたすがた
ドイツ語 Verkleidete Form
英語 Disguised Form
スペイン語 Forma Encubierta
フランス語 Forme Déguisée
韓国語 둔갑한 모습 (Dun-gapan Moseup)
中国語(ゲーム) 簡体字 化形的样子 (Huàxíng-de Yàngzi)
繁体字 化形的樣子 (Huàxíng-de Yàngzi)
ばれたすがた
言語 名前
日本語 ばれたすがた
ドイツ語 Entlarvte Form
英語 Busted Form
スペイン語 Forma Descubierta
フランス語 Forme Démasquée
韓国語 들킨 모습 (Deulkin Moseup)
中国語(ゲーム) 簡体字 现形的样子 (Xiànxíng-de Yàngzi)
繁体字 現形的樣子 (Xiànxíng-de Yàngzii)

公式サイト

関連項目