ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

まけんき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

まけんきは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

敵から能力ランクを下げられたとき、こうげきのランクが2段階上昇する。

説明文

第五世代第六世代 (漢字)
能力が さがると 攻撃が あがる。
第七世代 (漢字)
能力を 下げられると 攻撃が ぐーんと 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
マンキー やるき いかりのつぼ まけんき
オコリザル やるき いかりのつぼ まけんき
カモネギ するどいめ せいしんりょく まけんき
ポッチャマ げきりゅう - まけんき
ポッタイシ げきりゅう - まけんき
エンペルト げきりゅう - まけんき
ブニャット あついしぼう マイペース まけんき
コマタナ まけんき せいしんりょく プレッシャー
キリキザン まけんき せいしんりょく プレッシャー
ウォーグル するどいめ ちからずく まけんき
トルネロス
(けしんフォルム)
いたずらごころ - まけんき
ボルトロス
(けしんフォルム)
いたずらごころ - まけんき
ナゲツケサル レシーバー - まけんき

こんなときに使おう

  • 物理型のアタッカーにとって、攻撃を1段階だけでも下げられてしまうと役割に大きな支障をきたす事が多いが、これを無効化出来る。それどころか、逆に攻撃力が上がった状態になれるため、逆にそういったポケモンの繰り出しや技の使用を読んでこちらから繰り出して行くと言った使い方も出来る。
  • 当然、あまえるなどで流してくるポケモンの対策にもなる。一気に2段階下げられると±0になるため逆に強くなると言う事は無いが、現在、攻撃を一度に3段階下げる技は無いため、流される事は確実に防げる。
  • 攻撃を下げる効果に留まらず、シャドーボールで特防が下がったりした時などにも発動するため、意外と発動する機会は多い。攻撃以外が下がって発動した場合はいきなり攻撃+2の状態になるため、不意に無双が始まる事すらある。
  • 特性いかくが多用されるダブル・トリプルバトルでは、この特性を持っているだけで、いかくを持つポケモンの選出や立ち回りを抑制出来る。
    • このため、エンペルトボルトロスなどの本来は特殊一辺倒のポケモンであっても、物理の習得技に優秀な物があればダブル・トリプルバトルでなら物理アタッカーとして使われることもある。

備考

  • 以下における能力低下ではまけんきは発動しない。
  • 能力を下げられなければまけんきは発動しない。そのため能力を下げる技を防いだとき、まけんきは発動しない。
    • すでに最低まで下がっている能力を下げる技が失敗したときなども、同様にまけんきは発動しない。
  • こうげきがすでに最大まで上がっている場合、能力を下げられても「<まけんき所持者>の 攻撃は もう あがらない!」とメッセージが流れるが、特性バーは現れない。
  • 下がった能力を元に戻す効果は無い。
    • 相手のいかくなどでこうげきを1段階下げられてこの特性が発動した場合、差し引きでこうげきのランクが1段階上がった状態になる。
    • こうげきを2段階下げるあまえる/フェザーダンス/キングシールドなどの効果を受けた場合は、差し引き変動は無しとなる。
    • こうげき以外の能力を下げられた場合、下がった能力はそのままだが、こうげきは2段階上がった状態になる。
  • くすぐる/おきみやげのように、複数の能力を下げる技を受けると、下がった能力の数だけ特性が発動する。
    • 上記2つの技では下がる能力が2つなので2回まけんきが発動する。
    • ベノムトラップを受け3つの能力が下がると3回発動する。
  • ねばねばネットですばやさが低下してもまけんきは発動する。
  • 攻撃技の追加効果で能力を下げられた場合、いかり状態より先にまけんきが発動する。
  • 連続攻撃技追加効果で能力が下げられた場合、1発ごとにまけんきの発動判定がある。
    • 第七世代まで連続攻撃かつ能力を下げる追加効果がある技は存在しないため、特性おやこあいによる攻撃に限られる。
  • かたやぶり効果を持つ技により能力が下げられた場合でもまけんきは発動する。
  • まけんきは自身の持ち物より先に発動する。
    • まけんきでこうげきが最大まで上がり、すでにとくこうも最大であった場合、じゃくてんほけんは消費されない。
    • しろいハーブはまけんきの後に発動する。こうげきを下げられてまけんきが発動し、結果こうげきランクが0以上に戻った場合はしろいハーブは消費しない。こうげき以外のランクを下げられた場合、まけんきでこうげきを上げた後にしろいハーブを消費して能力を戻す。
  • 発動条件は同じだが、逆にとくこうを2段階上げる特性としてかちきがある。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 まけんき
英語 Defiant
ドイツ語 Siegeswille
フランス語 Acharné
イタリア語 Agonismo
スペイン語 Competitivo
韓国語 오기
中国語(普通話・台湾国語) 不服输
中国語(広東語) 不服輸

関連項目