ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

すなあらし (天気)

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

すなあらしとはてんきの一種。

発生方法

  1. すなあらしを使用する。
  2. とくせい「すなおこし」を持つポケモンを戦闘に出す。
  3. 砂嵐が吹き荒れる場所でポケモンバトルをする。
  4. とくせいすなはきを持つポケモンが攻撃技を受ける。
  5. ダイマックスわざダイロックを使用する。
  • 第五世代まで
    • 発生条件1.の場合は5ターン、ポケモンにさらさらいわを持たせた場合8ターン続く。
    • 発生条件2.3.の場合は永続。
  • 第六世代以降
    • 発生条件1.2.4.5.の場合は5ターン、ポケモンにさらさらいわを持たせた場合8ターン続く。
    • 発生条件3.の場合は永続。

フィールドにおけるすなあらし

以下の場所でのバトルではすなあらしが発生する。

ソフト 地方 場所 備考(条件)
RSE/ORAS ホウエン地方 111ばんどうろ(さばく) 常時
DPt シンオウ地方 228ばんどうろ 常時
BW/W2 イッシュ地方 4ばんどうろ 常時
B2では発生しない
BW/B2W2 イッシュ地方 リゾートデザート 常時
SM/USUM アローラ地方 ハイナさばく 午前5:00~午後9:59
ShSw ガラル地方 ワイルドエリア 日替わり、終日

影響

説明文

第七世代第八世代
てんきが すなあらし じょうたい。 いわ じめん はがねタイプいがいは まいターン ダメージを うける。 いわタイプの とくぼうが つよくなる。
天気が すなあらし状態。 いわ じめん はがねタイプ以外は 毎ターン ダメージを 受ける。 いわタイプの とくぼうが 強くなる。

詳細な仕様

  • とくせいがノーてんきエアロックのポケモンが場にいると、すなあらし状態になっても効果が発揮されなくなる。
  • ばんのうがさではすなあらしに関する効果は防げない。
  • すでに場がすなあらし状態のときにすなあらしを発動させようとした場合、効果は発動せずに継続ターンは書き換わらない。
    • ノーてんき・エアロックの効果が発動していても、すなあらし状態のときにすなあらしを発動させることはできない。
  • すなあらしのターンが継続する場合、第四世代までは「すなあらしが ふきあれる」というメッセージが表示されたのち「すなあらしが (やせいの/あいての) <ポケモン名>を おそう!」というメッセージが流れてからダメージを受ける。第五世代からは「すなあらしが (やせいの/あいての) <ポケモン名>を おそう!」というメッセージのみ表示される(ダメージを受けるポケモンがいない場合、メッセージは完全に飛ばされる)。
    • ダメージを受ける順番は、補正込みのすばやさが高い順になる。
    • すなあらしでダメージを受けるときのメッセージでは、ポケモンの所属が野生/相手トレーナー/相方のトレーナー/ぬしポケモンである場合はそれぞれポケモン名の前に所属が表記されるが、自分のポケモンがダメージを受ける場合においては表記されない。
  • 常にすなあらしが舞っている場所でも技や特性により他の天候に変えることはできる。第五世代以前では書き換えた天候の効果が切れると天候は収まる。第六世代以降は効果が切れると再びすなあらし状態になる。

備考

関連項目