ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ムサシのソーナンス

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
ソーナンス
英語名 Jessie's Wobbuffet
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 うえだゆうじ

ムサシのソーナンスは、ムサシ無印編第146話ベロリンガと交換して得たポケモンである。性別はオス。

概要

勝手にモンスターボールから出てきては「ソーナンス!」と元気よく相槌を打つのが常であり、ニャースにつぐロケット団を代表する一匹とも言える。

登場時と飛ばされる時に少しだけ現れることが多く、時にはソーナンスが現れたせいでロケット団が木の枝から落ちてしまうなどということも。

ミラーコートカウンターでバトルに参加することもある。基本的にムサシはカウンターとしか指示しない[1]が、ソーナンス自身の判断によりカウンターとミラーコートを使い分けている。アニメの演出ではこれらはゲームとは異なり受けたわざをそのまま跳ね返す強力な効果となっており、バトルの実力は高い。

ダイヤモンド&パールまで出ていたが、ベストウイッシュではロケット団の本部に預けられており、登場しない。その後BW編最終話でムサシ達と再会[2]。再びムサシの手持ちになり、一緒にカロス地方へ出発した。勝手に出てきて相槌を打ったり、木の上に出てきて枝を折ってしまう癖も相変わらずである。

XY編第63話ではホワイトのメスのソーナンスやソーナノと仲良くなったが、コジロウがポケモンハンターに襲われ、ニャースたちが捕まってしまったと聞き、ピンチをカウンターで救う活躍を見せた。

XY編では一部、登場していないにもかかわらずエンディングでクレジットされることがある。

その後のサン&ムーンポケットモンスターにもレギュラーメンバーとして登場する。

関連項目

  1. 最初はミラーコートを覚えていることさえもムサシは知らなかった。
  2. 同シリーズ終盤で行われていた、ロケット団のポケモンの中で再登場してほしいメンバーの電話投票により選ばれ再登場を果たした。