ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ニンテンドーWi-Fiコネクション

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
この項目「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はウィキペディアにも存在しています。

ニンテンドーWi-Fiコネクション[1]とは、ニンテンドーDSWiiなどの対応ゲーム機の対応ソフトで、インターネットを使用して世界中と通信できるシステムのこと。2014年5月20日をもって第四世代第五世代を含む有料ではないニンテンドーWi-Fiコネクションのサービス終了が発表された[2]

ポケットモンスターシリーズでは、第四世代第五世代に対応。Wii用の対戦ソフトでは「ポケモンバトルレボリューション」がこれにあたる。第六世代第七世代は3DS、WiiU向けに開発されたニンテンドーネットワークを利用。

概要

対応ゲーム機の対応ソフトを用い、インターネットを経由して世界中と通信対戦、通信交換を行うことができるシステム。ポケットモンスターシリーズではダイヤモンド・パールよりブラック2・ホワイト2までの第四世代第五世代のソフトで対応。 ネットワーク経由での通信の実現により、今まで通信をすることができなかったプレイヤーとの通信交換・対戦が行えるようになったが、ルールを無視した通信交換[3]・対戦[4]がみられるなどの弊害も発生していた。 また、Wi-Fiは各家庭への無線LANネットワーク普及に対し大きな役割を果たした反面、DSが適切な暗号化に対応していないためにセキュリティ上問題の見られるネットワークを数多く生み出す原因ともなった。

DS用ソフトでのWi-Fiの利用について

WEPの脆弱性に起因する問題

当時、ニンテンドーWi-Fiコネクションに無線LAN経由で接続する際に、DSシリーズで利用される脆弱な暗号方式のWEPを利用することによりネットワークに侵入される可能性があるなどの問題が存在した。[5]

対応ソフト

ニンテンドーDS

DSi対応ソフト

高速・高セキュリティ通信などのDSi拡張機能対応のソフト。

Wii

注釈・出典

  1. Wi-Fiは「ワイファイ」と読む。
  2. 「ニンテンドーDS」および「Wii」ソフトの「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス終了のお知らせ 2014.2.27発表
  3. ポケモンの持ち逃げ・同意なしでの改造ポケモンの送付・卑猥な名前が付いたポケモンの送付など
  4. あらかじめ決めたルールに違反する対戦・ボイスチャットの不適切な利用など
  5. ニンテンドーWi-Fiコネクションには無線LANを使用してアクセスをする方法と、USBコネクタを使ってアクセスする方法があるが、DSシリーズで利用される暗号方式のWEPはインターネットで無償で公開されているツールを用いると一分以内にネットワークに侵入される可能性があるなど非常に弱い暗号であり、対応無線機器(一部の国内有名メーカー無線LAN機器も使用可能)があれば容易に解読可能であった。そのため当時はWEPの利用は危険であり、DS用ソフトのWi-Fi接続ではニンテンドーWi-Fi USBコネクタの利用が推奨され、DSi対応ソフトまたは3DS専用ソフトを利用する場合、DSi・DSi LL・3DS・3DS LLにてWPA系の暗号を使用することが推奨された。(強度はWPA2-PSK=>WPA-PSK=>WPA-TKIPの順。)

外部サイト

関連項目

通信の手段
第一世代 通信ケーブル - 64GBパック
第二世代 通信ケーブル - 赤外線通信 - 64GBパック - モバイルシステムGB
第三世代 通信ケーブル - GBAケーブル - ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタ - ダブルスロット
第四世代 DSワイヤレス通信 - ニンテンドーWi-Fiコネクション - ダブルスロット - 赤外線通信
第五世代 DSワイヤレス通信 - ニンテンドーWi-Fiコネクション - 赤外線通信
第六世代 ローカルプレイ - ニンテンドーネットワーク - 赤外線通信 - すれちがい通信 - いつの間に通信
第七世代 ローカルプレイ - ニンテンドーネットワーク - 赤外線通信 - (Nintendo Switch Online)
第八世代 Nintendo Switch Online